8 9月

危険な派遣求人の特徴と傾向

危険な派遣会社というと、何をもって危険かわかりませんのでここでは、
聞いていた話と違うといった危険性のある派遣会社で
定義して話していきたいと思いますが、
派遣会社の中でよくあるのが、求人誌に書いてある派遣業務と異なる場合や、
求人誌に書かれてある給与と異なる場合です。

つまり労務規定があやふやで、
それを派遣社員にしっかりと周知徹底されていない事が原因で起きるトラブルです。

例えば派遣会社で働く派遣社員というのは、
大方交通費が出ません。その分時間給に上乗せされている事が多い為、
一般的時間給バイトに比べると、派遣社員の求人は時給が高いのです。

ところが入社前の労務契約の段階で、
交通費の支給に関するルールをしっかり伝えないと、
後々給与明細に交通費がないと苦情につながります。

また研修参加で公休がつぶれた場合は、
休日出勤扱いになり時給が上がるのか、
それとも研修時給のままでいくのかなど、
お金の事でトラブルになることが多いようです。

このように派遣社員として働くというのは、
いろいろと知識がないと足元を見られるフラグが多くある為、
損をすることが多く派遣労働者とはいえ、
労働に関する法律や労務契約に関する慣例など、
派遣社員としての最低限の知識武装は必要です。

派遣は時給が良いからたくさん稼げるとか、
夜勤があるとより多く稼げるなど胆略的な事ばかり考えていると大きな落とし穴が待っています。

派遣社員には労働組合がありません。
そのため、組合で会社と話し合うことができず、
基本的には会社の言う通りに働くしかないのです。

そんな派遣社員という自分を守れるのは自分しかなくそのためにもある程度の知識武装は不可欠なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です