8 9月

転職で女性も幸せに!女性の働き方とメリット

転職と聞くと、仕事が長続きしない、
根性が無いなどネガティブに聞こえていたのは昔のことで、
今では本当に自分のやりたいことを探したり、
自分の合った仕事や会社を選ぶポジティブな転職が認められる時代になってきています。

そして、それは男性だけではなく女性も、一生の自分の仕事、
自分らしい働き方の出来る仕事、会社を探して転職をする人がたくさんおります。

今いる会社を振り返るとどうでしょう。

どんなに実力があっても認めてもらえない、
どんなに実績をあげても男性に抜かされる、
そんな時代錯誤な男性主体の会社にしがみついていては、
いつまでたっても男性よりも出世することはないでしょう。

女性にとって幸せと感じられる働き方は何なのでしょうか。
自分を自分として認めてくれるところではないでしょうか。

仕事だけではなく、自分の生活、プライベートも含めて
充実した毎日を送ることが出来る職場ではないでしょうか。

いままで、だれよりも、何十倍も頑張ってきた分、辛い思いをしてきたぶん、
根性と辛抱は身についています。

そんな最強の武器を持って前向きな転職をすると良いでしょう。

仕事に生きがいを感じているのも良いと思いますが、
今の仕事で自由な時間が取れないのであれば、
思い切って幸せを求めて転職してみるのもおすすめです。

恋をしたり、美味しいものを食べたり、旅行にいったりすれば、
今まで味わったことの無い幸せを感じることが出来ます。
だれも頑張りすぎることを期待していません。
笑顔で幸せにしている姿が、皆に求められている働き方です。

8 9月

派遣社員のモラル低下が深刻

従業員のモラルハザードによる企業の損害は派遣社員によるものばかりではありません。

最近では飲食店や、コンビニなどで働くアルバイトスタッフが、
自分たちの業務中の悪ふざけを写真に撮りTwitterなどに上げて、
それが見る見るうちに拡散し大炎上を起こし、
最終的に本人達の社会的制裁はおろか、
舞台となったお店が閉店に追い込まれるという事態が頻発しています。

そしてそのお店で働いていた全く関係のない社員も全員失業してしまうわけです。

まじめに働いていたにも関わらずこんな事で
失業してしまうのが誠に気の毒でなりませんが、
昨今、こんなことが世間を騒がせています。

派遣社員の情報漏えい事故も全く同じような仕組みで起きており、
最初は軽い悪ふざけのつもりで始めた事が最終的には
大企業に莫大な損害を与えてしまうくらいの大きなダメージにつながります。

たった一人の軽率な行動が、大企業の信用を大きく失墜させ、
最悪その企業をひっくり返してしまう事もあります。

それもこれも派遣社員のモラルの低下が招いたことが原因で、
求人面接の時にしっかりとその派遣社員の人間性まで見ていれば、
もしかしたらこういった事は起きないのかもしれません。

しかし会ってわずか数十分の求人面接で
その派遣社員の人間性まで見抜くというのは非常に困難で、
心の奥底まで見通すことはおそらく不可能でしょう。

しかしそれらのリスクを如何にして解決していくのか、
社会人としてのモラルを誰が教えていくのかなど、
派遣業界においてこれからの大きな課題であることは間違えありません。

8 9月

縛りが多すぎて仕事に限界

派遣社員は今、これまでの業界内での様々な不祥事の影響をもろに受け、
仕事依頼先の企業側から非常に厳しい目を向けられているのが残念ながら現状です。

派遣会社の求人自体は年々増加傾向にあり、
求人ニーズは非常に高く一見明るい未来があるように見えますが、
現場では仕事を依頼する企業側のリスクヘッジの対象にされ、
時にはそれが行きすぎてしまい、
派遣社員自身の人格否定にも繋がりかねないようなトラブルも時々起きます。

信用というのはとても怖く、一日崩れ去ってしまうため、
業界内で情報漏えいにまつわる事故が頻発すると、
自分たちはシッカリと仕事をしていても、情報をどこかに流すのではないかと、
性悪説で見られてしまうため、
派遣社員も企業側もお互いに嫌な雰囲気の中で働くことになります。

そのためこれまで派遣社員が担当していた仕事も、
企業側の担当者が処理するようになってしまったり、
または業務のウェイトが軽減された分、
給与単価の引き下げを要求されるなど、
派遣会社も派遣社員も両方が辛い思いをしなくてはなりません。

こういった業界全体を取り巻く厳しい逆風はいつまで続くのかを考えた時、
まず派遣会社がやらなくてはならない事として、
仕事を依頼する側の企業担当者と連絡を密に
とりしっかりとコミュニケーションを図ることにつきます。

これが出来ないと企業側は派遣社員の事を性悪で見続けるでしょうし、
お互いのわだかまりは消える事はありません。

そして派遣社員の情報意識の改善と法令遵守の本当の意味を教え、
自分は社会の一員であり責任ある社会の歯車である事を自覚させる必要があります。

8 9月

危険な派遣求人の特徴と傾向

危険な派遣会社というと、何をもって危険かわかりませんのでここでは、
聞いていた話と違うといった危険性のある派遣会社で
定義して話していきたいと思いますが、
派遣会社の中でよくあるのが、求人誌に書いてある派遣業務と異なる場合や、
求人誌に書かれてある給与と異なる場合です。

つまり労務規定があやふやで、
それを派遣社員にしっかりと周知徹底されていない事が原因で起きるトラブルです。

例えば派遣会社で働く派遣社員というのは、
大方交通費が出ません。その分時間給に上乗せされている事が多い為、
一般的時間給バイトに比べると、派遣社員の求人は時給が高いのです。

ところが入社前の労務契約の段階で、
交通費の支給に関するルールをしっかり伝えないと、
後々給与明細に交通費がないと苦情につながります。

また研修参加で公休がつぶれた場合は、
休日出勤扱いになり時給が上がるのか、
それとも研修時給のままでいくのかなど、
お金の事でトラブルになることが多いようです。

このように派遣社員として働くというのは、
いろいろと知識がないと足元を見られるフラグが多くある為、
損をすることが多く派遣労働者とはいえ、
労働に関する法律や労務契約に関する慣例など、
派遣社員としての最低限の知識武装は必要です。

派遣は時給が良いからたくさん稼げるとか、
夜勤があるとより多く稼げるなど胆略的な事ばかり考えていると大きな落とし穴が待っています。

派遣社員には労働組合がありません。
そのため、組合で会社と話し合うことができず、
基本的には会社の言う通りに働くしかないのです。

そんな派遣社員という自分を守れるのは自分しかなくそのためにもある程度の知識武装は不可欠なのです。

8 9月

転職サポート!有料で支援してもらったほうが結果が得られるの?

転職支援サービスを行っているサイトは無数にあり、
多くのサイトは無料で登録して転職のサポートを受けることが出来ます。

求職者再度からお金を取るサイトはほとんどありませんが、
中には有料でサービスを受けることが出来るサイトなども見つけることが出来るでしょう。

無料で登録してサポートを受けることが出来るサイトであっても、
運営会社側は求人を欲している企業サイドから報酬を受け取っているので、
優秀な人材であればあるほど、手厚いサポートを受けることが出来るでしょう。

通常費用をかけてサービスを利用するほうが、
より高い効果が得られると考えられますが、
無料で利用することが出来る転職支援サイトでもかなり手厚くサービスを享受することが出来るので、
まずは無料で利用できるサイトで仕事探しを始めると良いでしょう。

しかし、運営会社再度も、報酬をもらっている求職者を求めている企業サイドに立っていることが多いので、
場合によっては、良い仕事とめぐり合うことが出来ないこともあります。
もし、無料で利用できる転職支援サイトで満足がいく求人を紹介してもらうことが出来なかったときに、
有料サイトで仕事探しを始めると良いでしょう。

有料サイトであれば、お金を支払っている仕事を求めている個人の立場に立って
仕事を紹介してもらうことが出来るので、多少ハードルが高い企業でも
積極的にサポートを行ってもらうことが期待できるでしょう。
利用にはある程度の見極めが重要になります。

転職コンサルタント!支援してくれるのはどんな内容?

違う職種に就く若しくは異業種へ転向し、
更なるスキル向上を図りたいという人は少なくありません。

転職を考える人は決して少数でないとされており、
求人サイトを活用することによって自分が望んでいるキャリアアップが図れるとされています。

転職をするためには、専門の求人エージェントを活用することになります。

求人エージェントに所属するコンサルタントないし
専任のコーディネーターから様々なアドバイスを受けることにより、
違う職種に就いたり異業種への転向が成功することになります。

エージェントに在籍する専任のコンサルタントが教授する内容ですが、
面接での心得、採用され易くなる履歴書や職務経歴書等のエントリーシートの書き方が典型とされています。

また、求人エージェントでは、無料セミナーや優良な情報を得ることが
出来る有料セミナーを実施することが在ります。

セミナーの開催については、求人エージェントのサイトで随時紹介されます。

サイトでは、常時無料登録をすることが可能とされており、
担当コーディネーターが必要に応じて随時、
登録者の属性に応じて非公開の求人案件を紹介してくれることも在ります。

非公開の求人案件を紹介してくれることは、
支援内容の一つに該当します。求人エージェントに登録をしておくと、
利用者は必要に応じてコーディネーターとの面談ができるようになります。

面談の席でも、非公開の求人案件は紹介されることになっており、
その際に面接の仕方や応募書類の書き方についてもアドバイスを受けるとされています。

面談を受ける場合、いかにして転職を成功に導くかというスタンスで臨んだ方が、
利用者としては有益な情報が得られることになっています。

さらに詳しい転職サポートやコンサルタントについては、
http://www.tenshokuagent.org/merit.html
に細かく特徴やメリットを紹介されております。

8 9月

転職したい!後悔しない求人の選び方

転職を考える時に、そのきっかけはそれぞれ人によって違います。
しかし誰でも思うことは今働いている職場よりも良い環境で
働きたいという思いではないでしょうか。
そこで後悔しない求人の選び方について、
どういったところをポイントに仕事選びをするのかを考えていきます。

転職のポイントとなるのは、
自分にとって譲れない条件が何であるかを明確にしておくことです。

転職をしたいと考えるようになれば、
現在働いている職場の中で何かきっかけを持つようになっているでしょう。

それが給与であったり人間関係、勤務時間、休日日数など再就職して、
よりよい環境の職場を探すための条件は人によって力を入れるところが違います。

譲れない条件については2つくらいは持っていると良いでしょう。
自分の一番こだわりたい条件について職場探しをしていても、
今の職場よりも良い環境は見つけにくいので、
少なくとも2つ以上魅力を感じる条件を持つ求人を探していくことが出来れば、
転職が出来るきっかけも持ちやすくなるでしょう。

就職活動の際には面接などがありますが、
この時に可能な限り応募先の職場の現場の社員に必ず会わせてもらうようにします。

自分が就職する時にはその会社の社長や役員にだけは会っていても、
実際に入社する時に一緒に仕事をする現場の社員の人には会わないことが多いので、
職場の人との相性が分からないまま入社することになります。
特に自分が希望する部署などの上司には面接時に顔合わせしておくと良いでしょう。

8 9月

転職で正社員!実際、求人数は増えているの?

転職で正社員を目指す場合にその求人数は増えているのかどうか、
これは業界や会社によると言えます。

全体的に見た場合は今の国内経済はデフレ脱却であり、
この政策によって潤い始めている企業も当然ながら増えているので、
それを考えると全体的に正社員雇用は伸びていると言えます。

しかしながら、冒頭で紹介したように転職時にどのような
業界でどのような仕事を探すのかによって、
その影響度は大きく異なるからも本当に好ましい募集を
見つけやすいかどうかは人によってかなり感じ方が異なると言えます。

どのような業界や会社の求人を探す場合でも、
正社員雇用を目指して転職活動するならしっかりと
求人数を多く集めることが大事です。

そのためにはハローワークだけでうまく仕事を見つけることができないことがありますし、
使える媒体はすべて使う、こうしたスタンスから
仕事探しをやっていくことはとても大事だと言えます。

今の景気から仕事の需要はどうなのかを考えることも大事ですが、
こうした状況に完璧はありませんし、
毎日のように状況が変化することからも、
基本的な考え方としてはどうやって仕事を探すのか、
この点を考えるほうが生産性があります。

ハローワークがすべてではなく、求人サイトを利用するなど、
多くの求人数を見ることができる方法はあるので、
そのような方法をすべて活用しながらその結果として
今は正社員の求人が増えているかどうかを判断することが非常に大事だと言えます。